STYLE PRESS

Beauty  2020.02.22|Beauty

スキンケアは順番を間違えると効果なし?!正しい順番をチェック

綺麗な肌を保つために毎日行うスキンケア。ですが、そんなスキンケアは順番を誤るとどんなに高品質なコスメであっても効果が半減もしくはなくなってしまうなんてこともあるようです。せっかく毎日行っているスキンケアなのでしっかりと効果を得れるように今一度スキンケアの順番を確認しましょう。

スキンケアの正しい順番とは

スキンケアする女性

スキンケアの順番はずばりこの通りです。

1、クレンジング
2、洗顔
3、導入液
4、化粧水
5、美容液
6、乳液
7、クリーム

油分が多いものを先に使用すると潤い成分が入りにくくなるため、油分の少ないものから多いものの順番でつけていきます。

ただしアイテムによって異なる場合もあるので注意が必要です。
例えば、導入液でオイルタイプのものがあったりします。
オイルなので油分が多い印象ですが、導入液なので化粧水の前に使用する必要があります。
化粧品によって使用方法が異なる場合がありますので、各化粧品の用法をしっかり確認して使うようにしましょう。

オールインワンタイプの化粧品を使用するなどして、中には使っていない化粧品もあるかと思います。
どの化粧品も使ったほうがより良いですが、必ず使わないといけない訳ではありません。

しっかりと汚れを落とし潤いを与え蓋をする。
これができて肌が喜んでいるようなら問題ありません。
大事なのは何を使うかよりも自分の肌に適した栄養を補えるかです。

スキンケアの順番①クレンジング

メイクオフ

メイクや1日で溜まった皮脂やほこりなどの汚れを落とします。
毛穴に入った皮脂汚れは洗顔だけでは取りにくいため、メイクをしていない日でもクレンジングを使うのはおすすめです。

クレンジングにはオイル、クリーム、ミルク、ジェルなど様々なタイプがあります。
自分の肌質に合わないものを使用すると肌トラブルの原因に。
自分の肌や季節に合ったクレンジングを使用するようにしましょう。

スキンケアの順番②洗顔

洗顔する女性

肌に残った汚れや古い角質を洗い流していきます。

クレンジング後の肌は皮脂がなくデリケートな状態です。
洗顔料はしっかりと泡立てて肌をこすらないよう泡で優しく洗いましょう。

フェイスラインや生え際、小鼻の脇などは洗顔が漏れがちなので忘れず丁寧に洗いましょう。

熱湯や冷水は肌に負担になります。
40℃以下のぬるま湯で洗い残しがないようしっかりすすぎましょう。

スキンケアの順番③導入液

導入液を浸透させる女性

導入液には肌を柔らかくし、化粧水などの潤い成分を吸収しやすい状態にしてくれる働きがあります。
比較的安く手に入れることが出来るうえに保湿効果も高まるので、まだ持っていない人にはすぐに使用をおすすめしたいアイテムです。

使い方は化粧水と同じで適量を手やコットンにとり顔全体に馴染ませるだけでOK。
化粧品によって素材や使用方法が異なることもあるので都度確認しましょう。

スキンケアの順番④化粧水

化粧水

化粧水は肌に潤いを与え、キメの細かい肌を作ってくれます。
洗顔後の肌は乾燥しやすい状態なので、洗顔後はなるべく早く化粧水をつけて保護しましょう。

化粧水は肌への摩擦ダメージを防ぐためコットンではなく手を使うのがおすすめ。
手を広げて顔を包み込むように馴染ませていきましょう。
化粧水が手にぴたっと張り付くような感触があれば肌に浸透したしるしです。

肌に十分な潤いを与えるため化粧水はたくさん使用したいものですが、一気に大量の化粧水をつけると肌への馴染みが悪くなります。
少量を何度も重ねていくようにして肌に馴染ませていきましょう。

スキンケアの順番⑤美容液

美容液を手に出す

美容液は様々な効果に特化した美容成分を凝縮したものです。
洗顔と化粧水で整えられた肌に塗りこむことで、その美容効果を得ることができます。

美白、アンチエイジング、保湿など各美容液で得られる効果は様々。
自分に足りないものに特化した美容液を選び、日々のスキンケアを補いましょう。

スキンケアの順番⑥乳液

乳液

乳液は、化粧水や美容液の効果に蓋をする役割があります。

洗顔と化粧水のあとは油分が足りておらず乾燥しやすい状態になっています。
そのままにしていると乾燥を防ごうと肌が皮脂を余分に分泌してしまい、ニキビなど肌荒れの原因になることも。
乳液で油分を追加し肌バランスを整えるようにしましょう。

乳液で注意したいのは美容液との相性です。
美容液によっては乳液を使わないことを前提に油分が高いものもあります。
この場合、両方を使ってしまうと油分過多で肌トラブルの原因になってしまいます。
美容液がどのようなタイプなのか確認したうえで乳液の使用を考えましょう。

スキンケアの順番⑦クリーム

クリーム

乳液と同じく化粧水や美容液の効果に蓋をする役割があります。

乳液との違いは油分の量です。
肌の乾燥がひどく乳液では足りないと感じる場合は、クリームを使用するのがおすすめです。

クリームは油分が多いこともあり、かなりこっくりした質感なので夜のスキンケアではクリームを使うけど朝は乳液を使うなど場面によって変える方もいらっしゃいます。

もちろん両方同時に使うのも構いません。
肌の状態に合わせて使い分けるようにしましょう。


肌はメイクをしていなくても毎日、紫外線や汚れなど外部からのダメージを受けています。 1日を終える前に正しい順番でスキンケアし、肌もしっかりと休ませてあげましょう。

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.