STYLE PRESS

Fashion  2018.12.16|Fashion

旬のベイクドカラーってどんな色?人気3色を使ったトレンドコーデ

秋冬に絶対取り入れたいベイクドカラー。そもそもベイクドカラーってどんな色かご存知ですか?今回はしっとり大人の雰囲気にしてくれて、どんな人にも馴染みやすいベイクドカラーの着こなしに迫ってみたいと思います。

ベイクドカラーって何色?

秋冬になるとファッションサイトやファッション雑誌でよく見かける「ベイクドカラー」。一体、どんな色を指すのか知っていますか?
実は「ベイクドカラー」という名前の色があるわけではありません。

「ベイクド」とは「焼かれた」という意味。つまり原色より少しくすんで、落ち着いた色全般をベイクドカラーと言います。
ちなみに、今トレンドの「テラコッタカラー」もベイクドカラーに含まれます。

ベイクドカラーにはベイクドグリーン、ベイクドピンク、ベイクドイエローなどいろんな色が挙げられます。コーデの中に一つベイクドカラーを取り入れると、グッと大人っぽく旬な感じに仕上げることができます。

ベイクドカラーは自然の草花や土に近い色をしているので、原色に比べて年齢や顔色を選ばず、全ての人に馴染みやすいのが特徴です。ベージュやオフホワイト、グレーなどのカラーと相性抜群!持っているアイテムに合わせやすいのもベイクドカラーの魅力です。

今回は、人気のベイクドカラー3色の着こなしをご紹介します。
ボトムスやトップス、アウター、ストールなど、積極的に「ベイクドカラー」を取り入れていきませんか。

ベイクドピンクコーデ【1】コーデュロイが深みを演出。こってり秋冬コーデ

ベイクドピンクは可愛らしさと大人っぽさを併せて演出できる、大人女子に好まれるカラーです。

しっとりカラーであるカーキのボリュームスリーブシャツで、シックに決めましょう。かっちりしたコーデュロイ素材のスカートに、ルーズシルエットのシャツを合わせて、抜け感を出すのが今っぽいですよ。

ベイクドピンクコーデ【2】ビスチェでフェミニンライクを演出

ほっこり優しい雰囲気を醸し出すベイクドピンクは、黒やブラウンなど、ダークカラーと合わせて甘く仕上げることもできます。ベイクドピンクのビスチェなら、地味になりすぎるコーデを一気にガーリーコーデへと引き上げてくれますよ。

くすんだベージュのタイトスカートと合わせて、しっとりとした大人可愛いコーデを楽しみましょう。

ベイクドピンクコーデ【3】とびっきりレディライクな上品コーデ

V字にレースで縁取られた首元と、ゆったりしたシルエット、ふんわりしたスリーブがレディチックな可愛いデザインのトップスです。柔らかい雰囲気を感じさせるベイクドピンクには、キュートなデザインがよくマッチしますね。

腰元は丈が短くきゅっと絞りが入っているので、パンツと合わせてもスカートと合わせてもメリハリが出てキュートに着こなせます。

Vネックレースマトンスリーブニットトップス

¥2,499

今すぐチェック

ベイクドブラウンコーデ【1】働く女性が使える、上品な大人シックコーデ

「テラコッタカラー」とも表されるベイクドブラウン。自然な風合いで日本人の肌や髪色によく似合います。

シックに決まりやすいベイクドブラウンは、淡いカラーと合わせればコーデを引き締め、かっこよくまとめてくれますよ。

裾が揺れる柔らかいワイドパンツなら、洗練された大人上品コーデに仕上げることができます。

ベルト付きワイドパンツ

¥2,099

今すぐチェック

ベイクドブラウンコーデ【2】ゆる感が可愛いナチュラルラフコーデ

アースカラーにも分類されるベイクドブラウンは、ナチュラルな気取らないコーデにもよく似合います。ギャザーたっぷりのサテンのスカートには、Vネックのシンプルなニットトップスでバランスを取りましょう。

麻素材のヘアバンドをプラスして、カフェ店員風のラフコーデの出来上がりです。

ベイクドグリーンコーデ【1】しっとり秋冬のキレカジコーデ

綺麗色をコーデに取り入れるのは難しく、クローゼットを開けると定番のベージュやグレーのニットばかりだと感じていませんか?ベイクドグリーンなら誰でも持っている定番カラーのアイテムと合わせやすく、一枚取り入れるだけで、コーデがグッと今っぽく変身します。

ベイクドグリーンのニットは、顔回りを明るく華やかにしてくれて、綺麗とかっこいいの両方を叶えてくれます。ボリュームのあるオーバーサイズのトップスは、9分丈のパンツにパンプスを合わせて大人っぽく仕上げるのが正解です。

ロングスリーブニットトップス

¥2,199

今すぐチェック

ベイクドグリーンコーデ【2】芸術の秋にぴったり、マニッシュなつなぎコーデ

深みのあるベイクドグリーンのトップスは、ラフなシルエットのオールインワンパンツと合わせて、少年のようなマニッシュスタイルにするのも面白いですね。首でリボンを結ぶデザインなので、360度どこから見られても隙なく可愛いのが特徴です。

ベレー帽と黒の革靴をチョイスして、とことん芸術家風に仕上げると、シーズンライクでおしゃれな雰囲気になります。


地味な色ばかりはもう飽きた、綺麗色をコーデに取り入れてみたい、という場合は「ベイクドカラー」から始めてみましょう。グリーンもピンクもブラウンも、ベイクド風ならしっとり大人っぽく仕上がります。大人っぽさも可愛らしさも両方を楽しめるベイクドカラーで、秋冬コーデをもっと遊んでいきましょう。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.