STYLE PRESS

Fashion  2019.03.10|Fashion

スカーフは主役にもアクセントにも!コーデ次第で好みのスタイルに

スカーフには様々な使い方があるのをご存知ですか?首に巻いたり、ヘアアレンジにプラスしたり、ベルト代わりやバッグのアクセサリーなど。様々な楽しみ方ができるスカーフコーデは要チェックです!

スカーフの選び方

■手持ちアイテムに合うカラーを選ぶ
デイリーコーデにスカーフを取り入れるには、手持ちの洋服に合うカラーを選びましょう。

例えば、ダーク系のアイテムが多いなら明るいカラーを。白やベージュなどライトカラーのアイテムが多いなら、ネイビー系などがおすすめです。


■季節に合ったカラーを選ぶ
スカーフは年中使えるアイテムです。春はペールカラー、夏は白系、秋はブラウン系、冬は寒色系など。コーデのアクセントとして使うことで、季節感を表現できます。


■大きさで選ぶ
スカーフには様々な大きさの正方形タイプと長方形タイプがあります。

小さめの正方形は、首に巻いたりバッグのアクセサリーに。大きめの正方形は、首に巻いたり肩掛けに使えます。長方形のロングタイプは、ストール代わりにもおすすめです。


■素材で選ぶ
スカーフの素材は基本的にシルクかポリエステルです。ハイブランドのスカーフはシルクが多く、夏は涼しく冬は暖かいので年中使えます。

UNIQLO(ユニクロ)などのプチプラブランドのスカーフはお手頃価格のポリエステルが多く、中には家で洗濯が可能なモノもあります。

スカーフを使ったおすすめコーデ【1】ベルト代わりにしてデニムをカジュアルアップ

デニムに白シャツの春っぽい定番スタイルに、ネイビーベースのスカーフをベルト代わりにしてアクセントを。

ベルト穴に通して、スカーフの巻き方はお好みで。無造作に片方だけ長くして、こなれ感をアップさせるのもおすすめです。

スカーフを使ったおすすめコーデ【2】ヘアアレンジに使って夏のカジュアルをエレガントに

スカーフを頭に巻くのは、海外セレブの間でも大人気。涼しげなアップスタイルにすれば、夏のおでかけにぴったりです。

ひと回りさせて頭の上や下でリボンを作ったり、巻き終わりを隠したり。巻き方は人それぞれですが、長方形のスカーフだと巻きやすいですよ。

スカーフを使ったおすすめコーデ【3】首に巻いてトレンチコートのテイストに合わせるコーデに

小さめのスカーフを首に巻いて前で結ぶ、定番のスカーフコーデ。おしゃれ見えするポイントは、ベーシックなスタイルにプラスすることです。

ボーダーやトレンチコートなど、コンサバアイテムに取り入れることでさらに品の良さが際立ちますよ。地味になりすぎないように、スカーフで赤やオレンジなど明るいカラーを取り入れましょう。

スカーフを使ったおすすめコーデ【4】秋のオフィスコーデには大胆な巻き方で

秋冬のオフィスシーンに活躍する、タートルとロングカーディガンのアンサンブルニット。着こなしのバリエーションに、スカーフを使うコーデも取り入れてみてはいかがでしょうか?

きれいなドレープを作る大胆な巻き方が、シンプルなタートルによく映えます。小物をスカーフの色と合わせる配慮も忘れずに。

スカーフを使ったおすすめコーデ【5】バッグにスカーフを巻くさりげない演出で大人っぽく

白シャツにデニムのサロペットという、油断をすると子供っぽくなるコーデ。スカーフは洋服にプラスするより、バッグに結んで存在感をアピールします。

腕まくりやロールアップでの肌見せも、女性らしさを表現できるテクニック。靴と合わせて赤ベースのスカーフにすることで、さりげなくマリンテイストにもなりますね。

スカーフを使ったおすすめコーデ【6】かごバッグにドットスカーフを結んでフェミニンスタイルに

ナチュラル感が人気のかごバッグですが、フェミニンなスタイルがお好みの方には少々物足りないのでは?そんな時に役立つのが、スカーフです。

あまり大胆な柄スカーフだと主役を奪われてしまうので、悪目立ちしないドットスカーフがベスト。パールのネックレスとリンクさせる裏技も効果的ですよ。

スカーフコーデに使えるおすすめアイテム【1】デコルテ見せトップス

デコルテがきれいに見えるVネックトップスには、小さめのスカーフを首に巻くとバランスの良いコーデになります。

結び目は前でも横でも自分好みで。長めのスカーフなら、横で結んで垂らすのもエレガント。

スカーフのカラーはトップスとのバランスも重要ですが、白ならどんなカラーでも合いますね。

前後2wayキャンディースリーブトップス

¥1,999

今すぐチェック

スカーフコーデにおすすめのアイテム【2】トレンチコート

シンプルなベージュのトレンチコートは、スカーフをアクセントとして取り入れやすいアウターです。

首に巻いたり垂らしたり、ベルト代わりにしたり、ヘアバンドとして使ったり。どんな巻き方でも邪魔になりません。

インナーコーデはスカートやパンツスタイル、ワンピースなど。トレンチとスカーフの雰囲気次第で決めましょう。

キャンディースリーブトレンチコート

¥2,999

今すぐチェック

スカーフコーデにおすすめのアイテム【3】レザートートバッグ

ショルダータイプのバッグの持ち手にスカーフを巻くのも、コーデのアクセントとして効果的。

単色なら柄スカーフ、配色なら無地やドットのシンプルスカーフを選んで、バッグのテイストを壊さない配慮が必要です。

いつものバッグが変身するので、新鮮な気分でお出かけできますね。

配色レザートートバッグ

¥1,799

今すぐチェック

スカーフが1枚あれば、様々な巻き方でコーデに取り入れることができます。主役にするのか?それともアクセントとして使うのか?を考えて、おしゃれ見えするコーデを完成させてください。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.