STYLE PRESS

Entertainment  2020.01.19|Entertainment

ゆきぽよとみやぞん気になる恋の行方は!?きっかけから現在まで

バラエティ番組でのやりとりをきっかけに恋仲を期待されているゆきぽよさんとみやぞんさん。
今回は2人の経歴から恋愛の行方までをご紹介します!

みやぞんと熱愛!?ゆきぽよの愛称で大人気!木村有希さんの経歴

ゆきぽよこと木村有希(きむらゆうき)さんは1996年10月23日生まれ、神奈川県出身のファッションモデルです。
父は日本人、母はフィリピンとスペインのハーフという家系に生まれたため、従って木村有希さんはクォーターということになります。

2012年にファッション雑誌「egg(エッグ)」の読者モデルとして誌面デビューしたことをきっかけに、動画配信サービスでは6,000万回の再生数を記録するなど、若者を中心に人気を博します。

それまでは雑誌やSNSを中心に活動していた木村有希さんでしたが、2017年に「バチェラー・ジャパン」に出演したことを機に、その人気はお茶の間にも広がり、タレントとしての活躍をしていくこととなります。
現在ではバラエティ番組を中心にテレビにも引っ張りだこの人気タレントとなりました。

ゆきぽよと熱愛!?お笑いコンビ「ANZEN漫才」みやぞんこと宮園大耕さんの経歴

一方の「みやぞん」こと宮園大耕(みやぞのだいこう)さんは1985年4月25日生まれ、東京都出身のお笑いコンビ「ANZEN漫才」のボケを担当している芸人さんです。

野球や格闘技などのスポーツも万能で、ギターを弾くことも趣味とするなど多才なようです。
中学在学中はテニス部に所属し、地元足立区の大会で上位の成績を収めたものの、高校では学校のスカウトを受け野球部に所属。
野球専門誌でも注目されるほどの腕前で、大学からのスカウトもあったにも関わらず、大学進学を一度決めたあと、地下鉄に思うように乗れず移動で手間取り、大学進学と野球の継続を断念してしまいます。

相方のあらぽんさんとは中学在学中よりお笑いコンビを結成して活動していました。
その後もライブハウスなどで活動を続け、2009年に2人はプロとして改めてお笑いコンビを結成します。
現在はバラエティで見ない日はないほど人気のお笑いコンビとして活躍中です。

ゆきぽよさんとみやぞんさんの恋愛のきっかけ

2018年のクリスマスである12月25日に放送されたバラエティ番組『超踊る!さんま御殿 サンタ美女と菅田将暉(すだまさき) 大泉洋(おおいずみよう)が暴走4時間祭』に出演したゆきぽよさんとみやぞんさん。

番組内でゆきぽよさんは、みやぞんさんに対して明るい印象を抱いた模様で、「一緒にいたらハッピーになれそう!本気で結婚したい!」とみやぞんさんに猛アプローチをします。
盛り上がった2人は収録後にお互いの連絡先を交換したことを公表すると、番組の視聴者や2人のファンからは、本当に付き合ってほしいと交際を望む声が殺到しました。

ゆきぽよさんとみやぞんさんがついにデート!?

話題となったクリスマスのテレビ番組『超踊る!さんま御殿 サンタ美女と菅田将暉 大泉洋が暴走4時間祭』の放送からおよそ4ヶ月後。
2019年4月に、ゆきぽよさんのインスタグラムを通して、ゆきぽよさんとみやぞんさんが友人を交えて4人で食事会をしたことが公表されました。

隣同士ではない並びが絶妙な距離感を感じ、見ているこちらがドキドキしますね。

この日、みやぞんさんのお誕生日が近かったということもあり、ゆきぽよさんはみやぞんさんへパジャマのプレゼントをしたそうです。
今後の2人にさらなる期待が高まった出来事となりました。

ゆきぽよさんとみやぞんさんのその後

ゆきぽよさんとみやぞんさんの2人は、これから距離が縮まるのかと予想されたのですが、現実は違ったようです。

2019年12月4日開催されたイベント「Yahoo!検索大賞2019」の発表会に受賞者として出席したゆきぽよさん。
前日である3日にみやぞんさんから誕生日プレゼントをもらったことを明かしました。
かねてから欲しかったクリスマスコフレだったようで、とても嬉しそうに報告されていました。

しかし、その後13日に放送さらたバラエティ番組『ダウンタウンなう』にて、ゆきぽよさんはなんとみやぞんさんへの気持ちが冷めたことを告白します。
同番組内のコーナー「本音でハシゴ酒」の中で、みやぞんさんのことが本気で好きだった気持ちを明かします。
しかし『超踊る!さんま御殿 サンタ美女と菅田将暉 大泉洋が暴走4時間祭』内での発言がきっかけで、メディアが2人の行く末に注目してしまったようです。

ゆきぽよさんは、本気で好きだったため静かにしていたかったけれど、思った以上にメディアが盛り上がってしまい、自分の気持が冷めてしまったことを話しました。
ゆきぽよさんが連絡ツールである「LINE(ライン)」のやりとりが苦手だったことも原因のひとつにあるようです。

期待が膨らんでいただけに、残念に思う人もいたことでしょう。


いかがでしたでしょうか。 ゆきぽよさん、みやぞんさんそれぞれの今後の活動、そして恋愛にも注目していきたいですね。

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.