STYLE PRESS

Entertainment  2020.02.09|Entertainment

木村佳乃の英語がペラペラすぎる!英語力がわかる動画も紹介!

女優の木村佳乃(きむらよしの)さんは海外で生活していたことがあり、英語がペラペラだと言われています。この記事では木村さんのプロフィールや経歴をはじめ、英語が得意になったエピソードなどを、素晴らしい英語のスピーチ動画とともにご紹介します。

英語がペラペラ!木村佳乃のプロフィールと経歴

名前:木村佳乃
生年月日:1976年4月10日
出生地:イギリス ロンドン
出身地:東京都世田谷区
身長:167㎝
配偶者:東山紀之
資格:英検準一級
活動期間:1996年-

英語がペラペラ!木村佳乃の経歴は?

女優の木村佳乃さんは「成城学園初等学校」と「成城学園高等学校」を経て、「成城大学文芸学部英文学科」に進学しますが中退しています。

高校在学時から読者モデルとして活動をはじめ、1996年にドラマ『元気をあげる〜救命救急医物語』(NHK)で女優としてデビューを果たしました。

そして翌1997年に映画『失楽園』でスクリーンデビューを果たすと、その演技が話題に。同作品で「日本アカデミー賞新人俳優賞」を受賞し、注目を集めました。

2004年には日韓共同訪問年広報大使、2005年からは日豪交流年観光大使などを務めるなど女優以外でも活躍。

また、2007年には世界のホラー映画の巨匠13人が競作する『マスターズ・オブ・ホラー』シリーズの『DREAM CRUISE』に主演し、海外でも活躍しています。

2015年4月からは『発見!なるほどレストラン 日本のおいしいごはんを作ろう!』(フジテレビ系)で初のバラエティ番組司会に抜擢。最近では『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に不定期に出演するなど体を張ったバラエティ番組ロケにも果敢に挑戦しています。

私生活では2010年10月23日に俳優でタレントの東山紀之(ひがしやまのりゆき)さんと結婚。2人は2008年の舞台『さらば、わが愛 覇王別姫』での共演を機に意気投合し、それから約2年半の交際期間を経て、結婚しています。

そして2011年5月3日に妊娠3か月であることが報じられ、同年11月4日に第1子となる長女が誕生。2012年11月6日には第2子妊娠が報じられ、2013年5月29日に次女が生まれています。

木村佳乃の英語力が凄い!動画もチェック

 

木村佳乃さんはもともと帰国子女でイギリス・ロンドンキングストン地区に生まれています。

その後、小学校時代は日本に帰国し「成城学園初等学校」に入学。小学校卒業後は父親の仕事の都合によりアメリカ・ニューヨークに移住し、中学3年間はアメリカで過ごしています。

そんな木村さんは動画からわかるように海外の生活が長かったためか、英語がペラペラであることでも知られています。

ちなみにこの動画は2007年に行われた香港の映画祭「Hong Kong International Film Festival 2007」でのインタビューの様子です。コメントを見事にまとめ、そつなく英語で回答していますね。

このような英語力が評価され、2010年2月4日には「英語が話せるかっこいい有名人ベスト20」で堂々の1位にランクイン。

また英検準1級を所持しており、2008年にはフェルナンド・メイレレス監督の映画『ブラインドネス』に、俳優の伊勢谷友介(いせやゆうすけ)さんとともに出演するなど、海外の作品でも高く評価されています。

最初は話せなかった?木村佳乃の英語上達までのエピソード

木村佳乃さんはイギリスのロンドンで生まれ育ちましたが、3歳の頃に日本に帰国しているため、幼少期の記憶があまりないそうです。

そして、小学校は日本で過ごし、中学生からはロクに英語が話せないまま、アメリカニューヨークに移住。コミュニケーションがままならなかったことから、すっかり人見知りな性格になってしまったと明かしています。

そんな木村さんの父親は「JAL」の幹部、そして母親はキャビンアテンダントとして働いていたことから2人とも英語はペラペラ。

そのため海外に来てからすっかりふさぎ込んでしまった娘を心配し、英語教育にかなり力を入れています。

当時はメイン州のキャンプへ強制的に送り込まれ、シャワーもトイレもないという過酷な環境のもと英語漬けの日々を送ったという木村さん。その時は親とも連絡も出来ないという、かなり辛い毎日を過ごしたと話しています。

帰宅後も家族で朝から夜まで英語漬けの日々を送り、その甲斐あって、今のようにペラペラな英語が話せるようになったそうです。

そして人見知りの性格もすっかり治り、徐々に本来の明るさを取り戻したそう。それからも飛躍的に英語力を伸ばし、日本に帰国してからは「成城大学文芸学部英文学科」に進学し、さらに語学力を向上させていきます。

英語がペラペラ!木村佳乃の海外での活躍ぶり

木村佳乃さんは女優になってからもその英語力を生かし、国内だけでなく海外でも活躍しています。

まず、2004年には「日韓共同訪問年広報大使」に就任し、プロモーションのため韓国を訪問。そこでは京都や沖縄などの有名人気観光地をPRするとともに、全国にある温泉などの日本の魅力を流暢な英語で語っていました。

さらに2005年からは「日豪交流年観光大使」を務め、その英語力を発揮。

2007年にはハリウッドデビューも果たし、翌2008年には各国から多くの有名俳優が参加した映画『ブラインドネス』にもメインキャストとして出演しています。


今回は女優の木村佳乃さんの英語力について紹介しました。海外でも評判の木村さんの英語力は中学生時代に鍛えられたものだったことが判明。当時はまだまだ若かったことから、きっと英会話を覚えるスピードも早かったのでしょうね。そしてその能力を生かし、ハリウッドなどの海外でも活躍。このことから女優としての活動の幅を広げていることがわかります。そんな木村さんにはこれからも日本を代表する女優として輝き続けてほしいと思います。

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.