STYLE PRESS

Entertainment  2020.01.27|Entertainment

若い頃もイケメンと話題!人気ベテラン俳優阿部寛ってどんな人!?

ダンディでイケメン、いつの時代も女性を虜にする美しいルックスとスタイル、高い演技力や濃いキャラクターで男女問わず人気の高いベテラン俳優阿部寛(あべひろし)さん。今回は、そんな阿部寛さんの経歴を中心にご紹介します!

阿部寛さんの経歴①若い頃の「ノンノ」モデルデビュー

阿部寛さんは1964年6月22日生まれ、横浜市の出身です。
血液型はA型、身長はなんと189cmの長身です。地元横浜市の小学校を経て中学校、高校を卒業。
一浪したのち中央大学理工学部電気工学科へ進学します。

大学在学中の1985年、姉に勧められたことがきっかけで、雑誌「ノンノ」の誌面モデルコンテスト「集英社第3回ノンノボーイフレンド大賞」に応募します。
当時の阿部寛さんは優勝賞品である車がお目当てだったようです。

見事優勝を勝ち取り、芸能事務所である茂田オフィスに所属。
その後雑誌「ノンノ」と「メンズノンノ」の専属モデルとしての活動をスタートします。

阿部寛さんの経歴②若い頃の阿部寛さん

雑誌「ノンノ」と「メンズノンノ」の専属モデル時代の阿部寛さん。
若い頃から非常にイケメンだったと話題になることも多いですが、たしかにすごく整ったお顔立ちですね。

彫りも深く、ハーフと間違われることもしばしばあったようです。
この頃の阿部寛さんはたちまちカリスマモデルとして大活躍します。

モデルとして人気絶頂となった1987年に映画『はいからさんが通る』で俳優デビューします。
また、男性アイドルとしてCD「ABE」で音源もリリースするなど活動の幅を広げます。

この頃から「あべちゃん」の愛称で親しまれるようになります。

阿部寛さんの経歴③若い頃の不遇の時代

カリスマモデルとして一躍名を馳せた阿部寛さんですが、俳優としては不遇の時代を迎えます。
あまりにも整った顔立ちに、二枚目の役ばかりになってしまいます。
また高すぎる身長ゆえに、女優と並んで歩いたときのバランスがとれないと問題視され、早くも俳優業としては行き詰まってしまいます。

減っていくドラマの仕事に焦り、モデルとしての人気のピークも過ぎ芸能活動で生計を立てられず、パチンコでお金を稼いでいた時期もあったようです。

さらに、投資用にマンションを購入したもののバブル崩壊と重なり大借金を抱えるなどたくさんの苦労を一気に経験します。

阿部寛さんの変化のきっかけは、テレビ番組でした。
メディアで見かけなくなってしまった有名芸能人を捜査するバラエティ番組「あの人は今!?」の捜査対象になってしまい、これではいけないと一念発起します。
どんなに小さな仕事にも食らいつくようになります。

阿部寛さんの経歴④若い頃に一念発起で再びブレイク

その後、1993年には舞台の主演を務め、1994年には映画『しのいだれ』で憧れの役者である役所広司(やくしょこうじ)さんと共演を果たします。
日本映画プロフェッショナル大賞特別賞を受賞するなど勢いがつき始めました。
1995年にはNHK大河ドラマに出演し、演技の幅を時代劇まで広げます。

脇役俳優として再び地位が確立してきた2000年には、映画『TRICK(トリック)』で三枚目に挑戦。
映画は見事大ヒットし、阿部寛さんは再ブレイクします。

2006年に主演を務めたテレビドラマ『結婚できない男』でも話題を呼び、後の2019年には続編である『まだ結婚できない男』でも再び主演を務めることとなりました。
時期を近くして主演を務めたテレビドラマ『アットホーム・ダッド』も反響が大きかったですね。

その後も数々の映画やテレビドラマに出演し、俳優としてたくさんの賞を受賞します。
名実共に俳優としても認められ、現在に至るまでベテラン俳優として様々な役どころを演じています。

爆速と話題!若い頃から変わらない阿部寛さんのホームページ

とてもシンプルな阿部寛さんのホームページ。
阿部寛さんの好感度を支えているとの声もあるほど人気の高いものとなっています。

htmlが認知され始めてすぐの90年代を彷彿とさせるデザインは少し懐かしく、今時の芸能人の公式ホームページとは思えぬところもまた愛着が湧くものとなっています。

さらに話題なのがとにかく軽い、いわば「爆速」であること。
近年のホームページはスタイリッシュであることが重視された結果、重たくなってしまい、中々繋がらないこともある中、阿部寛さんのホームページは常に「爆速」。

芸能界でも最軽量のホームページと噂されています。
最近では、公式ホームページ内のトップページの阿部寛さんのプロフィール画像が変更されたと話題になりました。
プロフィール画像が変更されても維持された「爆速」はもはや不動のものとなっています。
シンプルで「爆速」のホームページ、これからも変わらず有り続けてほしいものですね。


いかがでしたでしょうか。どの時代でも常に好感度が高く類まれなる存在の阿部寛さん。 たくさんの苦労をされて、今があるんですね。これからも、俳優としてより多くの役でその活躍を見れるよう応援していきたいですね。

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.