STYLE PRESS

Beauty  2018.12.29|Beauty

お葬式ではどんな髪型を心がけるべき?NGな髪型も教えます!

お葬式では、服装や持ち物、作法など様々なマナーが問われます。その中でも髪型をどのようにしたらいいのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、お葬式の時のふさわしい髪型についてご紹介します。

お通夜やお葬式の時にはこんな髪型を心掛けて

お葬式に出席している女性たち 喪服の女性

お通夜やお葬式というのは、いつ何時出席することになるかわからないものです。そのため、喪服や礼服などを用意している方も多いですよね。バッグや手提げ袋、袱紗などを一式揃えている方も少なくないでしょう。

しかし、せっかくきちんとした格好をしていても、髪型がマナー違反であれば全く意味がありません。

お葬式では何度も頭を下げることがあります。そのため、いちいち髪の毛をかきあげたりしないように、長い髪は結んでいくのがベストです。耳より下の位置で結ぶようにしましょう。

ひとつ結び、もしくはお団子にするのが一般的ですよ。お団子も崩れにくいようにピンやバレッタで固定しておきましょう。

ショートヘアでも前髪やサイドが長くて垂れやすい場合は、耳にかけておくか、ピンで固定しておくのが無難ですよ。

明るい髪色やパーマはどうする?

おしゃれのために髪の毛を染めたり、パーマを掛けたりしている方も多いものです。
パーマでウェーブがかかっている場合、特に心配する必要はありません。ひとつ結びかお団子でまとめて、すっきりとした髪型にしていきましょう。

コテで普段巻いているという方もいますよね。お葬式ではマナーは必要ですがおしゃれは不要です。本来ストレートであれば、そのままの髪でまとめ髪にしましょう。

多少明るい程度の茶髪であれば、染めていても大丈夫です。しかし、金髪に近い色だったり、赤やピンク、グレーといった極端なカラーの場合はなかなかそうはいきません。一時的に染め直すのがベターでしょう。

どうしても染め直すのが困難な場合は、ウィッグなどを使用するというのも一つの方法です。

髪の長さ別に見るお葬式でのおすすめの髪型をご紹介

長さ別お葬式での髪型【1】ショートはナチュラルに

ショートヘアの場合、ジェルやワックスの量は控えめにし、テカリ感を抑えたナチュラルな髪型が好ましいでしょう。
長めの前髪やサイドは流してヘアピンで固定します。このとき、できるだけ黒のシンプルなピンを使用してください。アクセサリー付きや、派手なデザインのピン、光沢が強いピンは厳禁です。

長さ別お葬式での髪型【2】ボブヘアは一つまとめかお団子で

ボブくらいで髪がまとめられる長さならば、ひとつ結びか、お団子にまとめてすっきりさせていきましょう。
小さめのゴムでキツめに結ぶのがポイントです。垂れやすい両サイドも、目立ちにくいピンで固定しておきましょう。

長さ別お葬式での髪型【3】ボブヘアは専用グッズを使うのもおすすめ

長さが足りないけれど、垂らすと邪魔になりやすいボブヘア。専用のヘアセットアイテムを使えばきれいにセットしやすくなります。
お団子まとめ用のセットや、後れ毛を撫でるだけできれいにしてくれるワックスなどもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

長さ別お葬式での髪型【4】ミディアムヘアは三つ編みで

三つ編みもフォーマルシーンにピッタリのヘアスタイルです。小さいお子さんや学生さんには特におすすめです。
きっちりとキツめに編んで、シンプルな黒ゴムで留めるようにしましょう。

長さ別お葬式での髪型【5】ミディアムヘアはサイド編み込みで

お葬式では必ずしもひとつ結び、お団子にしなければならないというわけではありません。
髪の毛の両サイドから編み込みをしていき、一つ結びにして垂らすのもおすすめです。頭を下げても顔に髪の毛が垂れにくくすっきりとしたヘアスタイルに仕上がりますよ。

長さ別お葬式での髪型【6】ミディアムヘアはくるりんぱでアップスタイルに

一つ結びにした後、くるりんぱにして毛先を毛束の中に押し込んでいきましょう。そうすることで、ミディアムヘアでもすっきりまとめ髪が作れますよ。
毛先が長い場合は数回繰り返してもいいでしょう。ピンで固定すれば完成です。

長さ別お葬式での髪型【7】ロングヘアはロープ編みで上品に

まずは両サイドに毛束をとり、それぞれ反対側に向かってロープ編みをしていきましょう。
中央部分で一つ結びにします。結び目が見えないよう、余った毛先を巻き付けて隠せば完成です。

長さ別お葬式での髪型【8】三つ編みでまとめ髪に

髪の毛を三つ編みにしていき、一つに結んでおきます。根本を抑えながらぐるぐると巻き付けて一つの大きなお団子にまとめていきましょう。毛量が多い場合は、途中でピンを使って固定するといいですよ。

最後に毛先が見えないように根本に押し込んで、アメピンでしっかり留めておきましょう。

長さ別お葬式での髪型【9】和装には夜会巻きで

お葬式やお通夜に和装で出席する場合は夜会巻きがおすすめです。きちんと感が出て、髪の毛が垂れることもありません。
自分でするのは難しい夜会巻きですが、コームでしっかり流れを出しながら固定していけばきれいにできますよ。

シンプルな黒を使ったファッションアイテムをご紹介!

お葬式にも使えるシンプルな黒アイテム【1】レース使いトップス

レース使いのトップスは、フォーマル着のインナーとしてもおすすめです。通気性もいいので、室内でも熱がこもりません。肌が透けないよう、メインで使う時には下に薄手のインナーを合わせていきましょう。

ハイネックパワショルレーストップス

¥1,599

今すぐチェック

お葬式にも使えるシンプルな黒アイテム【2】ロングコート

冬の寒い季節にお葬式がある場合、シンプルな黒のアウターがあると便利です。
上品でシックなデザインのチェスターコートなら、流行り廃りも関係なく使えますよ。
ロング丈なら、よりフォーマル感もアップします。

ウールタッチロングチェスターコート

¥2,999

今すぐチェック

お葬式にも使えるシンプルな黒アイテム【3】プリーツスカート

喪服やフォーマル着でなくても、TPOをわきまえていればお葬式やお通夜に着用しても問題ありません。

ロング丈のプリーツスカートなら、きちんとしたトップスと組み合わせれば参列できます。清潔感のあるブラウスや、シャツがおすすめですよ。

プリーツスカート

¥1,799

今すぐチェック

お葬式というと色々難しい作法やマナーがあって、どうしたらいいのかわからないことも多いものです。冠婚葬祭は地域性も強く出るものですので、慣れずに不安な所があれば、まずはご近所の方や親戚の方々に、しっかりとアドバイスをもらうようにすると安心ですね。

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.