STYLE PRESS

Fashion  2019.02.28|Fashion

フレンチレストランにふさわしい服装とは?マナーを守ったコーデ例

「デートでフレンチレストランに誘われた!」「仕事の付き合いでフレンチレストランで会食することになった!」そんな時に困るのは服装です。フレンチレストランのドレスコードはそのレストランの格式、季節、時間帯で変わります。今回は知っていると恥をかかない、フレンチレストランにふさわしい服装をご紹介します。

フレンチレストランに着て行く服装のマナーとは?

フレンチレストランに食事に行く際、気を付けておくべきなのが着て行く服装です。場違いな服装をしてしまうと、レストランにいる別のお客様、招待してくれたホスト、その場にいるすべての人に気まずい思いをさせてしまいます。恥をかいてしまうと、美味しい料理も喉を通らないですよね。

心配になり服装を隠そうと前かがみになれば、姿勢が崩れてしまいます。場の雰囲気にのまれない堂々とした様子で食事を楽しむためには、しっかりと服装のマナーを知っておくのが大切です。

服装を決める際には
■レストランの種類
■季節
■時間
に留意するのが良いでしょう。

フレンチレストラン別にドレスコードは変わる?

日本のフレンチレストランに行く際にはあまり気にする必要はありませんが、旅行や出張でヨーロッパに訪れる際に、フレンチレストランに行く場合は、レストランの種類を知っておく必要があります。

レストランの種類は4つに分かれており、ドレスコードはその種類によって異なります。
■グランメゾン
■オーベルジュ
■ビストロ
■カフェ

グランメゾンが一番格式のある最高級レストランで、女性の場合デコルテや背中が見えるドレスの着用が求められます。いわば式典やパーティーに着て行くような、品がある華やかな服装がふさわしいでしょう。
首元には華やかなネックレスをつけ、靴は爪先が隠れたパンプスを合わせると良いですよ。

一方ビストロやカフェは、グランメゾンより気軽なフレンチレストランなので、上品なワンピースやスーツ姿がおすすめです。友人の結婚式の二次会や、子供の入学式などに使われるカジュアルエレガントな服装が良いかも知れません。

フレンチレストランは時間帯でドレスコードが変わる?

特にヨーロッパのフレンチレストランの場合、ランチとディナーとではドレスコードが変わる場合が少なくありません。ランチは手軽に楽しめるものである一方、ディナーは少し格式が高くなります。

そのため昼は肌の露出を抑えた服装が好まれます。ショールやボレロを着て清楚な感じを演出しましょう。

夜は華やかさが増すため、背中やデコルテなど露出が少し増えても大丈夫です。もちろん夜でも上品さを失わない程度の露出に抑えておきましょう。首元や耳に昼よりもゴージャスなアクセサリーを付けても良いでしょう。

フレンチレストランにふさわしい服装【1】春コーデ

日本でフレンチレストランへ行く場合、ビストロに当たるものが多いかと思います。ホテルの中に入っているようなフレンチはこれに当たります。ドレスコードは「カジュアルエレガンス」や「スマートカジュアル」。

女性の場合、派手すぎないドレスやワンピース、スーツ、セットアップ姿が含まれます。友人のパーティー、同窓会、入学式、結婚式の二次会に着て行くような服装だと考えるとイメージしやすいでしょう。

ここからは季節別におすすめの服装コーデ案をご紹介します。

春は爽やかなブルーと、大人の女性を美しく見せるブラックの組み合わせが美しいセットアップで大人可愛いコーデをしてみましょう。
トップスはカットソーにビスチェを合わせた服装で、腰もとのくびれが強調されています。女性らしいシルエットが美しい上品コーデです。

フレンチレストランにふさわしい服装【2】夏コーデ

暑い時期はついつい露出が多くなりがちですが、フレンチレストランではミニスカートではなく、膝より長いスカートが好まれます。露出もデコルテ、腕くらいに抑え、胸元が大きく開いたようなワンピースは避けた方が良いでしょう。

涼しげなサテン生地のワンピースをエレガントに着こなしてフレンチレストランへ出かけましょう。
スカート部分がプリーツになっており、歩くたびになびく、シルエットが美しいワンピースドレスです。

フレンチレストランにふさわしい服装【3】秋コーデ

スーツやワンピースでなくても、カジュアルすぎないエレガントコーデであれば、フレンチレストランには着ていっても大丈夫です。

イチョウや紅葉を連想させる鮮やかなイエローのトップスに、上品なタイトの黒スカートを合わせた綺麗めシックコーデなら、レストランで恥をかくことはありません。

黒のスカートと黒のパンプスがコーデを引き締め、かっこ良い大人の装いになっています。

フレンチレストランにふさわしい服装【4】冬コーデ

冬だからと言って厚着はNGです。エレガントな雰囲気とかけ離れたブーツもふさわしくありません。足元が寒々しく見えるときは、厚手のタイツとパンプスを合わせて暖かく見せましょう。

フレンチレストランでの服装マナーは食事の邪魔をしないよう、首回りがゴチャゴチャしていないことが大切です。首元に大きめのファーやネックレス、ストールなどがあると汚してしまうかもしれません。

デコルテが開いたセーターなら女性らしさを感じさせ、顔回りをすっきりと見せてくれます。柔らかいベビーピンクのスカートと合わせ、優しいレディースムードの漂う装いにしましょう。

フレンチレストランコーデに使いたい小物【1】スエードパンプス

秋冬にフレンチレストランに行く際のコーデに合わせてほしいのが、スエード素材の上品なパンプスです。内側サイドがオープンになっているフォルムが、その日のコーデに華やかさを加えてくれます。

落ち着いたボルドーカラーなら、華やかな場で目立つのはもちろん、毎日のカジュアルコーデでも良い差し色アイテムとして使えます。

フレンチレストランコーデに使いたい小物【2】ビジューブローチ

会社使いしている綺麗めワンピースやスーツに輝かしいブローチをオンすると、よそ行きスタイルに変身します。ビジューとパールが合わさったデザインで、上品な服装にぴったりです。

お呼ばれディナーコーデにも使えますし、カジュアルスタイルでのストールやベレー帽に合わせても素敵に着こなせます。

フレンチレストランコーデに使いたい小物【3】変形デザインイヤリング

艶のあるゴールドが華やかなイヤリングです。オンオフ使えるシンプルなデザインですよ。シックなワンピースに合わせると、コーデがワンランクゴージャスになります。

変形デザインイヤリング

¥699

今すぐチェック

20代のフレンチレストランにふさわしい服装【1】ネイビーのフレアスカートで上品に

知的で上品な印象に見せてくれるネイビー。トレンドのミディ丈のフレアスカートで取り入れれば、今っぽさがありつつフェミニンな雰囲気に。

表情を明るく見せてくれるきれい色トップスを合わせて、華やかさをプラス。袖口にチュールが付いていて、ディテールが凝っているのもポイントです。

20代のフレンチレストランにふさわしい服装【2】ワンピース見えするセットアップで華やかに

高級レストランやホテル内のレストランでドレスコードがスマートエレガンスに指定されているような場合は、結婚式のときのようなドレスがおすすめ。ワンピース見えするセットアップなら、別々に使うことで普段使いもできます。

バッグはトートバッグやボストンバッグなどの大きなものは避け、小さめのハンドバッグやクラッチバッグを選びましょう。

30代のフレンチレストランにふさわしい服装【1】ボウタイブラウスでレディライクに

きちんと感がありつつ、顔周りを華やかに演出してくれるボウタイブラウス。人気が続いているレースタイトスカートと組み合わせれば、エレガントでレディライクなコーデに。足元はベージュのパンプスでヌーディーに仕上げて。

30代のフレンチレストランにふさわしい服装【2】花柄スカートをコーデの主役に

鮮やかなイエローと大胆な花柄が、主役級の存在感を放つフレアスカート。スカートの印象が強いので、トップスや小物は色味を抑えてシンプルに。白のブラウスは、肩部分や袖口にギャザーが寄っていて、さりげなくクラシカルな雰囲気を醸し出しています。

40代のフレンチレストランにふさわしい服装【1】ワンピースをカラーレスジャケットでトレンドライクに

ほどよい抜け感があり、今っぽい雰囲気に仕上がるカラーレスジャケット。ワンピースにプラスすればエレガントなのにトレンドライクなコーデに。テーラードジャケットよりも女性らしく羽織ることができるのも魅力です。

40代のフレンチレストランにふさわしい服装【2】パンツスタイルはきちんと感と華やかさを意識して

パンツ派でもレストランにマッチするエレガントコーデは可能。とろみ感やハリ感のある素材だったり、センタープレスがされていたりときちんと感があるものを選ぶのがポイントです。また、女性らしさや華やかさを出すために、トップスはレースやフリルが用いられたものや、きれい色のものを合わせるとよいでしょう。

50代のフレンチレストランにふさわしい服装【1】ピンクベージュで大人かわいく

ベージュよりも無難にならずにほどよいフェミニンな印象を加えてくれるピンクベージュ。大人のレストランコーデにもぴったりです。小物もトーンを揃えると、まとまり感のあるコーデに仕上がりますよ。

50代のフレンチレストランにふさわしい服装【2】ペプラムトップスで体型カバーしつつパンツスタイルをフェミニンに

普段使いもできる黒のテーパードパンツは、トップスを華やかにすることでレストランコーデに。ペプラムデザインのレーストップスなら、ドレッシーな印象をプラスしつつ、気になる腰周りもカバーできます。足元も黒でまとめてクールに仕上げつつ、エナメルのツヤ感で重たくなるのを回避。

フレンチレストランのマナー

レストラン

■大きな荷物はクロークへ
レストランの席へ大きな荷物を持ち込むのはスマートではありません。バッグは財布やポーチなど最小限の持ち物が入る小さめのものを選びましょう。仕事帰りのため仕事用の大きなバッグを持っていく必要があったり、食事の前にショッピングを楽しんだりして荷物が多い場合は、クロークへ預けるようにします。

コートや傘などといった身の回りのものもクロークへ預け、席にかけないようにします。バッグも同様に、席にかけずに自分と背もたれの隙間へ置きましょう。そのためにも、バッグは小さいものである必要があるのです。また、テーブルの上へ置くのもNGなので注意しましょう。

■自分のハンカチではなくナプキンを使う
口元を拭うのに、ナプキンが汚れるのを気にして自分のハンカチやティッシュを使ってしまうのは好ましくありません。「このナプキンは汚れていて使えない」という意味になってしまうからです。ナプキンは二つ折りにして自分のひざの上へ置くので、ナプキンの内側で口を拭えば汚れた箇所が人に見えることもありません。

また、食事後はきっちりと折りたたまず、軽く整えてテーブルの上に置きます。丁寧に角をきちんと揃えて畳んでしまうと、「この料理はおいしくなかった」という意思表示と取られてしまいます。

■スマホはいじらない
食事中はスマホが鳴らないよう、マナーモードにしておきます。電話がかかってきても中座して電話に出るのはマナー違反とされています。食事後にかけ直すようにしましょう。また、テーブルの上にスマホを置いておくのはNGなので、バッグの中へしまっておくようにしてください。

料理を撮影するのも控えましょう。静かに食事を楽しみたい周囲の人が不快に感じる可能性があるためです。また、格式の高いレストランでは撮影が禁止されている場合もあります。どうしても撮影したい場合は、お店の人に確認してから撮影しましょう。


フレンチレストランの招待を受けると、敷居の高さに緊張してしまいがちです。しかしドレスコードの常識を知っていたら、その緊張を少しでも和らげることができるかもしれません。フレンチレストランの服装マナーを守りつつ、自分らしさやおしゃれも表現した装いを選ぶようにしましょう。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.