STYLE PRESS

Fashion  2018.12.03|Fashion

フレンチレストランにふさわしい服装とは?マナーを守ったコーデ例

「デートでフレンチレストランに誘われた!」「仕事の付き合いでフレンチレストランで会食することになった!」そんな時に困るのは服装です。フレンチレストランのドレスコードはそのレストランの格式、季節、時間帯で変わります。今回は知っていると恥をかかない、フレンチレストランにふさわしい服装をご紹介します。

フレンチレストランに着て行く服装のマナーとは?

フレンチレストランに食事に行く際、気を付けておくべきなのが着て行く服装です。場違いな服装をしてしまうと、レストランにいる別のお客様、招待してくれたホスト、その場にいるすべての人に気まずい思いをさせてしまいます。恥をかいてしまうと、美味しい料理も喉を通らないですよね。

心配になり服装を隠そうと前かがみになれば、姿勢が崩れてしまいます。場の雰囲気にのまれない堂々とした様子で食事を楽しむためには、しっかりと服装のマナーを知っておくのが大切です。

服装を決める際には
■レストランの種類
■季節
■時間
に留意するのが良いでしょう。

フレンチレストラン別にドレスコードは変わる?

日本のフレンチレストランに行く際にはあまり気にする必要はありませんが、旅行や出張でヨーロッパに訪れる際に、フレンチレストランに行く場合は、レストランの種類を知っておく必要があります。

レストランの種類は4つに分かれており、ドレスコードはその種類によって異なります。
■グランメゾン
■オーベルジュ
■ビストロ
■カフェ

グランメゾンが一番格式のある最高級レストランで、女性の場合デコルテや背中が見えるドレスの着用が求められます。いわば式典やパーティーに着て行くような、品がある華やかな服装がふさわしいでしょう。
首元には華やかなネックレスをつけ、靴は爪先が隠れたパンプスを合わせると良いですよ。

一方ビストロやカフェは、グランメゾンより気軽なフレンチレストランなので、上品なワンピースやスーツ姿がおすすめです。友人の結婚式の二次会や、子供の入学式などに使われるカジュアルエレガントな服装が良いかも知れません。

フレンチレストランは時間帯でドレスコードが変わる?

特にヨーロッパのフレンチレストランの場合、ランチとディナーとではドレスコードが変わる場合が少なくありません。ランチは手軽に楽しめるものである一方、ディナーは少し格式が高くなります。

そのため昼は肌の露出を抑えた服装が好まれます。ショールやボレロを着て清楚な感じを演出しましょう。

夜は華やかさが増すため、背中やデコルテなど露出が少し増えても大丈夫です。もちろん夜でも上品さを失わない程度の露出に抑えておきましょう。首元や耳に昼よりもゴージャスなアクセサリーを付けても良いでしょう。

フレンチレストランにふさわしい服装【1】春コーデ

日本でフレンチレストランへ行く場合、ビストロに当たるものが多いかと思います。ホテルの中に入っているようなフレンチはこれに当たります。ドレスコードは「カジュアルエレガンス」や「スマートカジュアル」。

女性の場合、派手すぎないドレスやワンピース、スーツ、セットアップ姿が含まれます。友人のパーティー、同窓会、入学式、結婚式の二次会に着て行くような服装だと考えるとイメージしやすいでしょう。

ここからは季節別におすすめの服装コーデ案をご紹介します。

春は爽やかなブルーと、大人の女性を美しく見せるブラックの組み合わせが美しいセットアップで大人可愛いコーデをしてみましょう。
トップスはカットソーにビスチェを合わせた服装で、腰もとのくびれが強調されています。女性らしいシルエットが美しい上品コーデです。

フレンチレストランにふさわしい服装【2】夏コーデ

暑い時期はついつい露出が多くなりがちですが、フレンチレストランではミニスカートではなく、膝より長いスカートが好まれます。露出もデコルテ、腕くらいに抑え、胸元が大きく開いたようなワンピースは避けた方が良いでしょう。

涼しげなサテン生地のワンピースをエレガントに着こなしてフレンチレストランへ出かけましょう。
スカート部分がプリーツになっており、歩くたびになびく、シルエットが美しいワンピースドレスです。

フレンチレストランにふさわしい服装【3】秋コーデ

スーツやワンピースでなくても、カジュアルすぎないエレガントコーデであれば、フレンチレストランには着ていっても大丈夫です。

イチョウや紅葉を連想させる鮮やかなイエローのトップスに、上品なタイトの黒スカートを合わせた綺麗めシックコーデなら、レストランで恥をかくことはありません。

黒のスカートと黒のパンプスがコーデを引き締め、かっこ良い大人の装いになっています。

フレンチレストランにふさわしい服装【4】冬コーデ

冬だからと言って厚着はNGです。エレガントな雰囲気とかけ離れたブーツもふさわしくありません。足元が寒々しく見えるときは、厚手のタイツとパンプスを合わせて暖かく見せましょう。

フレンチレストランでの服装マナーは食事の邪魔をしないよう、首回りがゴチャゴチャしていないことが大切です。首元に大きめのファーやネックレス、ストールなどがあると汚してしまうかもしれません。

デコルテが開いたセーターなら女性らしさを感じさせ、顔回りをすっきりと見せてくれます。柔らかいベビーピンクのスカートと合わせ、優しいレディースムードの漂う装いにしましょう。

フレンチレストランコーデに使いたい小物【1】スエードパンプス

秋冬にフレンチレストランに行く際のコーデに合わせてほしいのが、スエード素材の上品なパンプスです。内側サイドがオープンになっているフォルムが、その日のコーデに華やかさを加えてくれます。

落ち着いたボルドーカラーなら、華やかな場で目立つのはもちろん、毎日のカジュアルコーデでも良い差し色アイテムとして使えます。

ポインテッドトゥスエードサイドオープンパンプス

¥1,599

販売サイトをチェック

フレンチレストランコーデに使いたい小物【2】ビジューブローチ

会社使いしている綺麗めワンピースやスーツに輝かしいブローチをオンすると、よそ行きスタイルに変身します。ビジューとパールが合わさったデザインで、上品な服装にぴったりです。

お呼ばれディナーコーデにも使えますし、カジュアルスタイルでのストールやベレー帽に合わせても素敵に着こなせます。

ビジューブローチ

¥500

販売サイトをチェック

フレンチレストランコーデに使いたい小物【3】変形デザインイヤリング

艶のあるゴールドが華やかなイヤリングです。オンオフ使えるシンプルなデザインですよ。シックなワンピースに合わせると、コーデがワンランクゴージャスになります。

変形デザインイヤリング

¥699

販売サイトをチェック

フレンチレストランの招待を受けると、敷居の高さに緊張してしまいがちです。しかしドレスコードの常識を知っていたら、その緊張を少しでも和らげることができるかもしれません。フレンチレストランの服装マナーを守りつつ、自分らしさやおしゃれも表現した装いを選ぶようにしましょう。

お問い合わせ

Copyright 2018 STYLE PRESS All Rights Reserved.