STYLE PRESS

Lifestyle  2019.04.29|Lifestyle

尽くす女の特徴をチェック!上手な尽くし方&尽くす女をやめる方法

好きな男性につい尽くしてしまう……という女性は多いのではないでしょうか。尽くすタイプの女性は男性ウケが良いですが、尽くしすぎると都合の良い女になってしまうことも。そこで今回は、彼に愛される尽くし方や尽くす女をやめる方法などをまとめてご紹介します。

尽くす女の特徴は?

料理を作る女性と彼氏

尽くす女には一体どんな特徴があるのでしょうか。主な特徴は4つです。

【自立していてしっかり者】

尽くす女に多いのが、キャリアウーマンタイプ。仕事が早くてしっかり者なので、彼の身の回りの世話も簡単にこなしてしまいます。

【趣味がない】

趣味がない女性は、恋愛が生活の中心になってしまいがち。その場合、彼氏=趣味なので、ついつい彼のために時間を費やしてしまいます。

【寂しがり屋】

寂しがり屋でかまってちゃんな女性は、男性の気を引くためについ尽くしてしまうことも。彼に喜んでもらうことで、誰かに必要とされている!という欲求を満たしています。

【断れない】

尽くす女の特徴で多いのが、「NO」と言えないタイプ。断れないので、何かと彼の言いなりになってしまいます。

尽くす女のメリットは?

笑顔で会話を楽しむカップル

尽くす女でいることは、それなりのメリットがあります。

【男性に好かれやすい】

色々世話を焼いてもらいたい……という男性は多いです。そのため、男性は尽くしてくれる優しい女性に魅力を感じやすいですよ。
結果は置いておいて、第一印象は最高です。

【信頼関係を築きやすい】

彼に尽くす女性は、悩みを聞いたりサポートすることができるので、男性との信頼関係を築くのが得意。
包容力のある尽くす女性の前なら、素直でいられる……という男性も多いそう。

【結婚を意識してもらいやすい】

「家事や料理など身の回りの世話をしてくれる女性」というのは、結婚相手の条件の定番ですよね。尽くすのは愛情深い証拠。適度に尽くしてくれる女性なら、結婚を意識してもらいやすいですよ。

尽くす女のデメリットは?

彼氏に抱きつく女性

尽くしすぎはNG!というのは、恋愛テクニックの鉄則ですよね。尽くす女にはデメリットも多いです。

【重い女だと思われて嫌われる】

尽くす女は、彼のことをもっと知りたい!管理したい!という傾向が強いです。そのため、男性は束縛されているように感じてしまいます。尽くす女は、LINEなどの返信も早いので、重い……と嫌われてしまうことも。

【相手がダメ男になってしまう】

付き合う前は普通の男性だったはずなのに、尽くして甘えさせすぎてしまうと、彼氏がダメ男になっていた……というエピソードは多いですよね。
生活面はもちろん、金銭面など何から何まで尽くしすぎてしまうと、トラブルの原因にもなってしまいます。

【ドキドキされなくなる】

身の回りの世話を毎日焼いてあげると、いつの間にか彼女ではなくお母さんのような存在になってしまいます。お母さんポジションの彼女には、だんだん恋愛感情が湧かなくなるのも当然。

【都合の良い女になってしまう】

何でも彼の言うことを聞いてしまう尽くす女は、都合の良い女になりがち。一度都合の良い女だと判断されると、本命の彼女にはなれないでしょう。

彼氏に愛される尽くし方は?

男性にキスされる女性

尽くし過ぎは危険ですが、適度に尽くすと彼との関係も長続きしやすいですよ。
愛される尽くし方とは、具体的に何を気を付ければ良いのかチェックしていきましょう。

【自分でできることまで手伝わない】

彼が自分でできることまで全て手伝ってしまうと、“ウザい”と思われてしまうことも。
または尽くされることが当然になってしまい、感謝されることもなくなるでしょう。愛されるためにも尽くす加減は控えめに。

【距離感を保つ】

尽くす女は、彼と常に一緒にいたい!束縛したい!と思いがち。男性はずっと彼女に付きまとわれると窮屈に感じてしまいます。
依存しないためにも、一人で過ごす時間を意識的に作るようにしましょう。

【尽くすだけではなく甘えるのも大切】

愛される女性は、甘え上手なことが多いです。彼を甘やかすだけでなく、たまには自分から甘えてみてはいかがでしょうか。
まったく手のかからない女性は可愛げがないと思われてしまうので、程度に隙を見せるのも大切です。

尽くす女をやめる方法は?

開放された女性

尽くす女をやめたい!と決意している女性も多いのではないでしょうか。
尽くす女をやめるには考え方を変える必要があります。

【尽くすことで承認欲求を満たさないようにする】

彼に必要とされることで、自分の承認欲求を満たそう……という考えはやめましょう。自分自身の価値は他人によって決まるものではない、と覚えておく必要があります。

【自分を見失わないようにする】

尽くすことが体に染み付いている場合は難しいかもしれませんが、愛されるために自分を見失うような行動は控えましょう。尽くさなくても、愛を得ることはできます。

【自分の時間を作る】

恋愛にのめり込むと、彼氏が中心になってしまいますよね。尽くし過ぎているかも……と感じたら、友達と会ったり趣味を楽しんだり彼と過ごさない時間を大切にしましょう。


尽くす女の特徴やメリット、デメリットをご紹介しました。尽くすことが愛情表現だと勘違いしている場合は、考えを改めた方が良いでしょう。お互いに尽くしたり尽くされたりするのがカップルとして長続きする秘訣です。彼との程よい距離を取りつつ、愛される彼女になれるように努力したいですね。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.