STYLE PRESS

Fashion  2018.10.25|Fashion

オフィスコーデで失敗しないコツは?春夏秋冬の見本コーデを厳選

私服通勤OKの職場であれば、スーツよりも楽な私服でお仕事をしたいですよね。ですが、毎日のオフィスコーデに頭を悩ませている女性も多いはずです。そんなお悩みを解決するべく、オフィスコーデのNGポイントから、季節ごとのおすすめのコーデまで、失敗しないオフィスコーデのコツをご紹介します。

オフィスコーデの大前提は、「オフィスに相応しい服」であること

最近は私服通勤OKの職場が増えているため、私服でお仕事をしている女性は多いですよね。

私服はスーツよりも楽なうえに、仕事に追われる日々のなかでもオシャレも楽しむことができます。
しかし、毎日オフィスに相応しい服を選ぶのを大変と感じることもあるはずです。

オフィスコーデの大前提は、「オフィスに相応しい服」であることと言われていますが、オフィスに相応しい服とは一体どのようなものなのでしょうか。

まずは、オフィスコーデのNGポイントを確認しましょう。
・ビビッドカラー
・露出が多い服
・レザーやデニムの生地
・目立ちすぎる柄物
上記のアイテムを使ったコーデは、オフィスに相応しくないとされています。

NGポイントをしっかりと確認し、オフィスコーデに失敗しないようにしましょう。

オフィスコーデのNGポイントを覚えれば、もう迷わない

オフィスコーデのNGポイントをしっかり理解していないと、コーデに迷いやすくなってしまいます。

失敗しないためにも、毎日のコーデで悩まないためにも、NGポイントを理解することが大切です。
前で触れたオフィスコーデのNGポイントを、理由も交えて詳しく見ていきましょう。

■ビビッドカラー
原色や蛍光色などのビビッドカラーは派手に見えてしまうので、オフィスコーデに使うのは避けましょう。
モノトーンやパステルカラーなど、目立ちすぎない色を選ぶようにしてくださいね。

■露出の多い服
露出の多い服装はカジュアルになりすぎてしまうため、オフィスには相応しくありません。
胸元や脇が大きく開いたトップスや、丈の短いボトムスなどは使わないようにしましょう。

■レザーやデニムの生地
鞄以外で、レザーやデニム生地のアイテムは使わないようにしましょう。
デニムはカジュアル感が強すぎるアイテムであり、レザーは主張が強いアイテムのため、避けたほうが無難です。

■目立ちすぎる柄物
アニマル柄などのインパクトの強い柄物は、オフィスでは浮いてしまうアイテムです。
柄物を使うときは、チェックやツイードなど、大人しいデザインの物を選びましょう。

各NGポイントが、オフィスに相応しくないと考えられている理由は分かりましたでしょうか。

今回は、季節別のオフィスコーデもご紹介しますので、明日からのオフィスコーデの参考にしてみてくださいね。

オフィスコーデのコツ【1】オフィスコーデの春は、カーディガンが鍵

コーディネートにカーディガンを使うのが、春先のオフィスコーデの鍵となります。
薄手のUネックカーディガンが描く女性らしいフォルムが、オフィススタイルを上品に仕上げます。

オフィスコーデのコツ【2】オフィスコーデにパステルカラーを取り入れて、春を感じよう

オフィスにも最適な優しいパステルカラーでコーディネートを統一すれば、春らしい柔らかな印象になります。
レースのアイテムを組み合わせると、フェミニンなスタイルにまとまりますよ。

オフィスコーデのコツ【3】詰襟ノースリーブ×パンツスタイルが、オフィスの夏

肌の露出が多くなりがちなノースリーブは、襟が詰まったデザインを選ぶと、品のいいコーデになります。
丈が長く、ゆったりとしたデザインのノースリーブと細身のパンツを掛け合わせれば、大人の余裕を演出してくれるでしょう。

オフィスコーデのコツ【4】夏のオフィスコーデは、シフォンのトップスで爽やかに

透け感のあるシフォンのトップスをオフィスコーデに使うと、ちゃんとしているのに色っぽいコーディネートが完成します。
清潔感のある白系カラーでまとめあげると、爽やかで夏らしいですよね。

オフィスコーデのコツ【5】チェックを取り入れたオフィスコーデで、秋を感じて

派手すぎる柄物はNGアイテムですが、チェック柄は安心してオフィスコーデに使えるアイテムです。
セピア調のチェック柄を取り入れたオフィスコーデは、秋を感じることのできる大人可愛いスタイルですよ。

オフィスコーデのコツ【6】秋のオフィスコーデは、ベージュメインが正解コーデ

秋は、落ち着いた雰囲気を作り出してくれるベージュを主役にしたオフィスコーデをしてみましょう。
黒の差し色が、コーディネートに程よいコントラストを生み出します。

オフィスコーデのコツ【7】冬のオフィスコーデは、フォーマルなコートが鉄板

オフィスコーデのアウターには、チェスターコートやトレンチコートなどの、フォーマルなコートを使うようにしましょう。
膝丈のコートであれば着回しがしやすいため、一着持っていれば、何にでも合わせられますよ。

オフィスコーデのコツ【8】冬のアウターにくすみカラーを使うのが、オフィスコーデ上級者

冬のオフィスコーデは重たくなりやすいですが、アウターにくすみカラーを取り入れることで、ちょうどいい軽さを作ることができます。
派手ではないのに目を引くところが、こなれ感を覚えさせてくれますよね。

オフィスコーデのおすすめアイテム【1】グレンチェックタックフレアスカート

クラシカルなフォルムが可愛いグレンチェックタックフレアスカートです。

長すぎず短すぎない、気品のある膝感は、フォーマルさが求められるオフィスファッションにもぴったりですよね。

控えめなグレンチェックがトレンド感満点のアイテムとなっています。

グレンチェックタックフレアスカート

¥1,999

今すぐチェック

オフィスコーデのおすすめアイテム【2】Vネックパールボタンカーディガン

ボタンにパールを使ったデザインが大人っぽい、Vネックパールボタンカーディガンをオフィスファッションに取り入れてみませんか。
無駄のないデザインは、どこか女らしさも感じさせてくれる仕上がりです。

グレーの他にも、ブラック、ラベンダー、ベージュ、オフホワイトがあります。5色のカラー展開は、どれもオフィスコーデに相性抜群の色合いですので、お好みのものを一着揃えておきましょう。

Vネックパールボタンカーディガン

¥1,899

今すぐチェック

オフィスコーデのおすすめアイテム【3】ビジューボタンシャギーチェスターコート

冬のオフィスコーデに使えるビジューボタンシャギーチェスターコートです。
トレンド感たっぷりのくすみカラーが、オフィスコーデを柔らかに彩ってくれます。

かっちりとフォーマルでありながらも、適度に抜け感のあるスタイルを作り出せますよ。


オフィスコーデで失敗しないコツは掴めましたでしょうか。オフィスコーデのポイントをしっかりと理解して、オフィスに相応しい大人の女性になるだけではなく、毎日のオシャレをもっと楽しいものにしましょう。

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.