STYLE PRESS

Fashion  2019.04.13|Fashion

春と秋の27度の服装を制覇!季節感を取り入れたコーデ

27度とは、ちょうど季節の変わり目で、半袖と長袖のどちらを着ようか迷う気温です。出先で肌寒く感じたり、暑すぎたりすることがないよう、気温に適した服装を選ぶのがポイント。特に気温の変化が激しい時期は、アウターで調整できるコーデが良いでしょう。今回は季節・天候別におすすめコーデをご紹介します。

27度に適した服装とは?気を付けておきたいコーデポイント

27度とは、6月から7月にかけた初夏の時期と、8月から9月の初秋の時期の気温です。外にお出かけするにはぴったりの季節で、一年で一番過ごしやすい気候と言えます。

日本気象協会が提出している服装指数によれば、27度は半袖がふさわしいとされています。「夏日」の基準となるのが25度。25度を過ぎると、半袖が適した気候になります。その基準より2度も高い27度なら、半袖のTシャツやブラウスなどで十分快適に過ごせます。

ただ真夏とは異なり、季節の変わり目は朝晩の冷え込みがあるので要注意です。日中との気温差も激しく、半袖のシャツ一枚ではゾクッと感じることもあります。

天気予報を見て服装を選ぶ際は、最高気温だけでなく、最低気温もチェックするようにしましょう。日中27度まで上がる日でも、朝晩が20度を下回れば半袖一枚では不十分です。長袖のシャツやカーディガンがあれば、気温や天候によって調整できるので便利ですよ。

また、その日の気温だけで服装を決めるのではなく、季節を意識したコーデをするのも大切です。いくら暑いからと言って、6月や9月に肌を出しすぎる服装は季節外れです。
シーズンライクなファッションを取り入れつつ、気温27度に合わせた快適な服装を選んでいきましょう。

27度の服装【1】晴れの日は涼しげな白の長袖シャツコーデ

初夏、初秋に大活躍するのが、綿の白シャツ。まぶしい白色のシャツが太陽によく映えそうですね。晴れの日の27度は、日差しもかなり強く、日中はジワっと汗ばむことも予想されます。シャツワンピースは通気性にも優れ、見た目も涼しげ。とてもシーズンライクな服装です。

特に朝晩の冷え込み対策には、7分袖や長袖のシャツがおすすめ。長袖でも重くなりにくく、サラッと着こなせます。

寒々しく見える時は、ニットビスチェやベストを合わせると素敵に変身します。差し色やアクセントにもなり、こなれた印象に仕上がりますよ。

27度の服装【2】雨の日はカーディガンをプロデューサー巻きして寒さ対策

雨の日の27度は、実際の気温に比べて肌寒く感じるかもしれません。太陽が厚い雲に隠れているので、朝晩は晴れの日よりも冷え込む可能性があります。

春や秋の27度の雨の日は、カーディガンの出番です。長袖シャツにカーディガンをプラスワンすることで、寒さ対策をしましょう。色味のあるカーディガンを選べば差し色にもなり、その日の服装に華やかさが加わります。

日中暑くなったらカーディガンをプロデューサー巻きにして、アクセサリー感覚で羽織りましょう。からし色のカーディガンとサスペンダーが可愛い、マニッシュ風コーデの完成です。

27度の服装【3】最高気温が27度の日はシャツ×ジャケットでかっこよく

最高気温が27度の予想の場合、朝晩は20度を下回って肌寒く感じるかもしれません。特に出勤時や帰宅時はグッと冷え込む場合もあります。

軽やかなシャツにメンズライクなMA-1ジャケットをサッと羽織り、大人クールな服装に仕上げましょう。

足元はサンダルやブーツではなく、パンプスがおすすめです。6月にサンダルだと寒々しく、9月にロングブーツは暑苦しく感じることも。靴のチョイスに迷ったら、どんな季節にもマッチしやすいペタンコパンプスが正解です。

27度の服装【4】最低気温が27度の日は半袖Tシャツ×ワイドパンツでラフカジスタイル

最低気温が27度の日は、日中グングン気温が上がると予想できます。30度近くになるかもしれません。暑苦しく見えるカーディガンやジャケットは不要。Tシャツ一枚で十分対応可能です。

Tシャツ×デニムパンツというシンプルスタイルに飽きたら、サスペンダーが愛らしいワイドパンツでオールインワンルックに挑戦してみましょう。

ボーイズライクなサスペンダーと、フェミニンなウエストのリボンでメリハリを効かせた、大人可愛い服装になります。

Tシャツ×リボンベルト付サスワイドパンツセットアップ

¥2,099

今すぐチェック

27度の服装【5】春の27度は夏アイテムを取り入れて涼しげに

梅雨が明けると、本格的な夏がやってきますね。春のポカポカ陽気とは違う、強い太陽の日差しを感じることでしょう。6月7月の27度には、夏アイテムを取り入れた季節先取りコーデがおすすめです。

ホットパンツを着こなし、素足を大胆にみせましょう。足をヘルシーに露出することでアクティブな印象になります。合わせるのはデニム柄のビッグシャツ。カジュアルな服装を引き締め、トレンドライクに仕上げてくれます。
日焼け対策や朝晩の冷え込み対策にも便利なアイテムです。

デニムビックシャツ

¥2,399

今すぐチェック

27度の服装【6】秋の27度はニットビスチェでシーズンライクに

9月になると少しずつ山の色が変わってきます。残暑がまだまだ厳しくても、暦の上ではもう秋。季節を感じさせるコーデへと切り替えていきましょう。

白のカットソーやブラウスは、27度の服装に持ってこいのアイテム。でも、一枚ではあっさりしすぎて寂しい印象になりがちです。

何か物足りないと感じる時は、ニットビスチェやキャミソールをプラスしてみましょう。暑苦しさを感じさせず、秋ムードを盛り上げてくれます。

足元にワインレッドの秋カラーパンプスを履けば、コーデ全体をもっと華やかに仕上げてくれますよ。

リブニットキャミセットタートルトップス

¥1,399

今すぐチェック

27度の日のコーディネートは大変。天気予報とにらめっこしながら服装を選んでいる方も少なくないでしょう。おしゃれ女子として押さえておきたいポイントは、気温差にも対応できるようアウターを取り入れたコーデを作ること。そして、季節のアイテムを先取りして、シーズンライクに仕上げることです。ポイントを押さえつつ、快適で季節を感じさせる27度の服装を心がけていきましょう。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.